通貨とLotの関係でのFX 比較

FX 比較した上で行う取り引きにおいて、FX用語で頻繁に出てくるものにLotがあります。初心者にとっては結構分かりづらい用語の一つです。販売業界や流通業界でもよく使われるLotですが、FXの世界でも同じように単位として使われているものです。しかし、Lotをややこしいものにしているのが、この1Lotが示す通貨数が通貨ペアや証券会社によって異なっていることです。FX 比較を行う際、為替だけではなく利用する会社の比較もしっかり行うとよいでしょう。

例えば通貨ペアですが、米ドル/円あるいは米ドル/ユーロなどといった人気通貨ペアは、1Lotが1万通貨ですが、南アフリカランド/円の通貨ペアは、価格が非常に小さくなりすぎるため、1Lotが10万通貨といった表示の業者も多いのです。また、日本の証券会社の中でも、1Lotが1000通貨の場合もありますし、10万通貨が使用されているケースもありますので、事前に把握しておくことが大切です。

とはいえ、基本的には1Lot が1万通貨となっており、この1万通貨を日本円に換算すると、100万円となりますので注意しましょう。なぜ、このような金額が大きいのかというと、大手のトレーダーたちは扱う金額が多いため、入力の手間を省く意味でもこうした単位を使用しているのです。